火葬式(直葬)とは、いろいろな意味で祭壇系や付帯料金が最小ですので最も費用の面では低額になりますが、ご葬儀を執り行う場合でも葬家様側にてご準備お支払して頂くのは・火葬料金・宗教者へのお礼(布施)、その後の料金は追加料金としてご葬儀費用に加算されます。必要以外の追加などは「いる・いらない」をしっかり確認することが大事です。
ほかにも、一般葬、社葬、寝屋川市民葬儀なども対応しておりますのでご相談ください。


シンプル葬15万円プラン(直葬)通夜・告別式を行わないシンプルな葬儀

直葬とは、お亡くなりになられてから 24時間ご遺体を安置した後、通夜や告別式などの儀式を一切行わず火葬場に向い、荼毘に伏す葬式のことです。通夜や告別式を行わないので、スムーズなご葬儀を行うことができます。

基本料金に含まれるもの

火葬料金、寝台車料金、お布施は別途。


オプション:

追加分

一般葬

画像はイメージです。

一般葬とは、ご親族、ご親戚様方だけではなく、さまざまな立場の方を広くお呼びして行うご葬儀です。 社会的な人間関係を重視したい方や、付き合いが多い方などに向いています。 最近は、小規模スタイルのご葬儀などが、都市部を中心として主流になってきていると言われていますが、一般葬は、それらの新しいご葬儀とは違う従来的な葬儀スタイルだと言えるでしょう。 一般葬の場合は、小規模スタイルの葬儀のように参列者をごく親しい身内だけに限定せず、会社関係の方やご近所の方、そして学校やサークルの関係者など、故人にご縁の合った方たちを幅広くご参列いただくという特徴があります。 参列者の人数についても多くなることがあるため、それに合った式場をご用意する 必要があるでしょう。 また、費用に関しても、規模が小さな場合より高額になることがあるため、それなりのご予算を準備していただくことも必要になります。

社葬

社葬は、会社をあげて執り行うご葬儀です。 一般的にご葬儀というと、家族を亡くした場合に行うことがほとんどなので、社葬にはあまりなじみがない、という人が多いかもしれません 社葬は、社長や会長など、企業の代表者や、創設者のように特別な功績 を残した人などが亡くなった場合に行う葬儀です。 社葬は、遺族と企業が協力して行いますが、ご葬儀の運営や費用は企業が負担します。 社葬は主に企業全体で亡くなった人を偲び、社内外から関係のあった人が訪れるため、参列者の数が数百人以上になることもあります。

画像はイメージです。

寝屋川市民葬儀

画像はイメージです。

寝屋川市民葬儀とは、市が葬儀規格と料金を規定し、その内容に沿って、市が指定した葬儀業者(「指定業者」といいます)と利用する方との間で行われるご葬儀です。 寝屋川市民葬儀の特徴は、市が基本となる各プラン料金や一定のオプション料金をあらかじめ明確化していますので、安心してご葬儀を利用でき、業者による価格の差がない、統一した葬儀規格での安価なご葬儀を提供することができます。



詳細はお気軽にお問い合わせください。